2009年03月16日

日本通信、ドコモ3Gでチャージ式のデータ通信端末「Doccica」

dca001チャージ式のプリペイド方式を採用し、課金は1分10円の従量課金となる。端末価格は1万4800円で、500分(5000円相当)の通信時間がチャージされた状態で販売される。

私の感覚では、データ通信は従量課金は戻れないな。テレホーダイが導入される前のパソコン通信時代を思い出します。

でも、パケット通信量よりもつないだ時間による従量制のほうが、感覚的にわかりやすいので、未だに一部の人には需要はあるのかな・・・

日本通信、ドコモ3Gでチャージ式のデータ通信端末「Doccica」

banner_01.gif このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: