2009年06月22日

オリンパス、同社初のマイクロフォーサーズ機「E-P1」 - デジカメWatch

000楽しみにしていたオリンパスのマイクロフォーサーズ機が発表になりました。

サイズは、E-410との比較写真を見てもらうと一目瞭然。薄いし縦のサイズもコンパクトです。
さらに標準レンズも、小型化されているのでおそらくカバンの中に入れたらスペースが半分以下になるんじゃ125ないかと思います。

スペックは概ね予想されていた内容で、この大きさに手ブレ補正を内蔵してきたのはスゴイと思います。
また入らないだろうと思っていた電子水平機能も搭載されているので、風景とか撮るときに「はて横軸をどこにあわそうかな?」と062悩まなくて済むので素敵です。

残念なのは内蔵フラッシュを搭載していないところです。確かにフラッシュを使わない方がきれいな写真が撮れるのですが、やはりフラッシュを使わないと撮れないシーンもあるわけで・・・

あとはバッテリーの持ちが心配です。撮影枚数が300132枚と少ないので、旅行に行ってガシガシ撮影したいときには、予備が必要でしょうね・・・

他、内蔵メディアがSDカードになったのは、ある意味嬉しいのですが、E-420用に32GBのCFを2枚購入したので、ちょっと凹みました。


でもって、この機種を購入するのか?となると正直かなり悩みます。値段も10万円程度とそれなりに高いですし、バッテリーを追加して、メディアも買い替えるとなると、確実に予算オーバーです。
そこで結論を引き延ばしにして、しばらくはE-420にLEICA D VARIO-ELMAR 14-50mm F3.8-5.6のレンズを組み合わせて頑張りたいと思います。これだとE-P1よりはかさばりますが手ブレ補正もあるし、あと1年くらいはいけるんじゃないかなぁ・・・と思っています。

オ リンパス、同社初のマイクロフォーサーズ機「E-P1」
写真で見る「オリンパス・ペンE-P1」

banner_01.gif このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
バッテリーはE-420と同じでは?
Posted by . at 2009年06月29日 00:30
バッテリーは一緒なんですね。使い回しできるのは魅力的です。
となると、E-P1の撮影枚数が300枚ってのは、液晶等々で消費電力が大きいってことなんでしょう。
ただ使っているうちにバッテリー容量が減ることを考えると、ちょっと旅行に使うには厳しい感じはします。
Posted by 超MM情報局 at 2009年06月29日 02:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: